【恫喝】借金ブログの帝王、「たけし」氏からの訴訟を背景にした削除要求!訴えられるのか?【訴訟】

saiban_small

こんにちは。

 

任意整理の借金800万を両親へ返済中のsaimuです。

 

さて、このタイトルの通りですが。

 

私は訴えられて、裁判になるかもしれません!!

 

というのも動画配信主の「借金ブロガー・たけし」氏にこのままにしていると裁判を起こす!

 

と脅されているからです。

 

最後通告。お前らみんな訴えるからな

 

この記事に関連するのが、数日前にあった「たけしチャンネル」の生放送動画の件。

 

本人は黒歴史認定して、記憶のかなたに追いやりたいようでしたが・・・・。

 

その生放送を見ていた方が録画し、自身のYOUTUBEチャンネルにアップしていたんですね。それに対して、動画のリンクをこちらの記事に貼っていたところ

 

【BBQ】夏休み中盤!残りの休暇予定【ビーチグラス】

 

ブログの帝王たけし
この動画は俺の肖像権を侵害している。早急に削除しる!!さもなければ訴えてやるからな!

 

との指摘を自身のブログ上で展開。

 

リンクをこのままにして置いて、しょうもない騒動に発展してもしょうがないので、動画のリンクはすでに削除しています。

 

しかし、指摘するならブログのリンク貼って万人に分かるように。しかも本人に分かるように指摘すればいいのに。よほど自分のところからアクセスが流れるのがいやらしい。

 

さて、騒動のネタを削除したところでこの問題に関してちょっと色々と調べてみた。

  1. そもそも、素人がアップしたYoutubeの動画に、肖像権の関係は適用されるのか?
  2. 法テラスの利用は可能なのか?
  3. 裁判に至った場合の流れ
  4. 損害賠償請求の額
  5. 裁判にかかる費用

自分が気になったのはこの5点。では、ざっくりとネットで弁護士関連ホームページを検索してわかったことを書いていきます。

 

【スポンサード リンク】

 

素人のYoutuberがアップした動画に肖像権はあるのか?

 

Youtubeには日々多数の動画がアップされます。

本人がとった映像をアップすることもあれば、番組を録画したものをアップロードする違法アップロードなども問題も。

 

また、他の人がアップした動画を自分のチャンネルでアップする輩もいます。

 

今回のケースでは、

・たけし氏が生放送を実施

・その動画をパソコン上で保存していた方が自分のチャンネルで公開

・この動画を削除するように要求。応じなければ、裁判を起こすと恫喝。リンクを紹介している人も同様・・・・

 

という流れ。

動画の著作権・肖像権についての訴訟を起こすとブログ記事には書いてありましたが・・・・。

 

Youtubeにおける著作権について。

弁護士相談カフェより引用

Youtubeで著作権とプライバシー権侵害!動画削除する方法を解説

たとえば、自分が撮影した動画を他人が勝手にYouTubeに投稿した場合、著作権侵害を理由として削除請求することができますし、損害賠償請求もできます。

逆に、他人が撮影した動画や映画などを勝手にアップした場合、著作権侵害となるので、著作者から削除請求をされたり損害賠償請求をされたり、時には著作権法にもとづく罰則が適用されたりする可能性もあるので、そのようなことをしないよう、充分注意が必要です。

 

この通り、こちらの記事を信用するならば、著作権とプライバシー侵害というケースに該当しそうです。

 

ただ、著作権については今回のケースでは「たけし氏」が公開した動画を転載したのではなく、「たけし氏が公開した動画を撮影した動画」を自分のチャンネルで公開しているわけで、著作権はあくまでも撮影した人に依存するのであれば、「たけし氏」は著作権の面では請求できないような気もしますね。

【スポンサード リンク】

著作権裁判で、法テラスの利用は可能なのか?

法テラス、私も借金相談と離婚相談のときに利用しました。

 

この法テラスに、たけし氏は相談したと言っています。

 

まず、自分が法テラスを利用したときの実際の状況ですが。

①法テラスに電話

②事務員の方が対処・実際に面談する日付を設定(基本的に平日の9:00~17:00まで、)

③面談の実施・または法テラスが利用できる事務所へ直接相談・面談

 

という流れ。

このパターンにのっとると、たけし氏が法テラスに相談し、弁護士事務所を通して勧告を行うとすると?

・8月13日、Youtubeの生放送 ~16時ごろ終了

・生放送が録画されたものがアップロード(8月13日)

・事態を知ったたけし氏、すぐに相談?(受け付けは21時までやっている)←※訂正:これは8月14日の間違いでした

・8月14日、即弁護士事務所に連絡・相談を実施?(この辺があやしい・・そもそも当日にすぐ弁護士に相談できるとは考えにくい)

・8月14日ブログにて「最後通告」を公開

takeshi-blog

これは脅しではなく、法律に守られたれっきとした権利となります

対応がなされない場合

・発信者情報の開示

肖像権、知的財産件の侵害に対する刑事告訴

・損害賠償請求

こちらを迅速に実行いたします。

 

こうやって考えると、実際に弁護士に直接相談できたかどうかも怪しいですね。まあ、本人が弁護士への依頼を考えてると書いているので真実は本人以外、わかりませんけどね。

日曜日は法テラスの受付休みだから、そもそも相談すら無理っぽいよ!←訂正:これは8月14日の間違いでした

ただ、Twitterにて「自分もカイジの漫画画像を勝手に使っているけどそれはええの?」ってリプライつけた人と、生放送動画を投稿した人を即ブロックしているのには引きましたけどね。

 

saimu
自分の権利を主張するなら、自分がその「守ってほしい」と思っている権利を他の人に対して侵害しないようにしないといけないと思いますが・・・・。

 

損害賠償請求の額と裁判費用

さて、いよいよ損害賠償請求についてです。

 

job_bengoshi_man

 

こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

みずほ中央法律事務所

こちらのサイトに、プライバシー侵害に関する訴訟の一例が詳しくかいてありましたので。

一部引用します。

1.純粋な『名誉』のみ→相場は10〜50万円

インターネット上の誹謗中傷で『名誉毀損』が生じた場合,損害賠償責任が認められます。
具体的には,精神的損害に対する賠償=慰謝料,ということになります。
当然,投稿の内容や拡散の程度によって慰謝料額は違ってきます。
多くの判例をまとめると,10〜50万円,がボリュームゾーンとなっています。

2.ネット上の『プライバシー権侵害』の慰謝料相場は10〜50万円

インターネット上の投稿(公表)により,プライバシー権侵害が生じるケースが増えています。
当然,損害賠償責任が生じます。
具体的には精神的損害賠償=慰謝料,ということになります。
当然,個別的事情によって慰謝料額の算定は異なります。
敢えて大雑把な傾向で言えば,10〜50万円がボリュームゾーンです。

 

さて、肖像権について刑事告訴を考えていると書かれている件ですが。こちらに関しては刑事告訴できるのか調べてみました。

弁護士どっとこむの質問事例より

Q.掲示板で顔写真と個人名を晒してしまいました
インターネット上の書き込みなどから自分のことを特定され、被害者本人は既に被害届を出しているそうです
自首をしてくれとのことですが、自首をした場合の処罰はどのようなものになるのでしょうか

A1.犯罪にそもそもあたるのかわかりませんが、仮に犯罪にあたる場合、犯罪事実と加害者が判明している場合は自首しても法律上のメリットはありません(自首の要件を満たしません)。

成立する犯罪の法定刑の範囲内で処罰がされるのだと思います。

小沢 一仁弁護士

A2.お話を聞く限りでは、プライバシー侵害にはなりそうですが、名誉毀損には当たらないと思われます。

そうすると、民事上の差止や損害賠償請求の問題にはなりますが、刑事上の問題にはならないでしょう。自首する必要はないと考えます。

そもそも、肖像権には刑法上の明確な処罰の法律がないので「刑事事件」として取り扱われることはないようです。

この動画公開において、「たけし氏」本人に実被害が出た場合は別の話ですが、その場合はその被害を与えた本人に刑法上の罪が付与されると考えられます。

民事訴訟を実際に起こすのか?今回の騒動まとめ

民事訴訟を起こすにしても、弁護士に依頼しないといけません。そして、相談についても費用が発生します。

大体、30分5000円とかです。

 

借金も払わず、競馬をしているような「たけし氏」がこれを払えるとは思えません。

 

弁護士費用についても、普通に考えて30万以上はかかるでしょう。そしてそれに対して得られるものはそう多くはありません。

というわけで実際に民事訴訟を起こすこと自体が疑わしいとしかいいようがありませんね。

 

以前も「かえでのは」騒動のときに同じように「対処しなければ裁判を起こす!」

と自分にとって都合の悪いことに対してすぐに裁判を起こすと発言しています。実際にはおそらく裁判費用などもあるし費用対効果を考えるとコストがかかりすぎると思います。

 

生放送動画を見て思いましたが、発言もぶれぶれ質問に対しても答えない。

 

社会的に信用されない代表のような印象を受けました。ただ、あの人物像でよく生放送を敢行したな、とそこは評価しておきます。

 

  1. 俺の借金経歴はこちら。https://syakkin500.com/500-syakkin800-kojinsaisei-ninniseiri-rikon/  
  2. カードローン・キャッシング経歴はこちら。 https://syakkin500.com/cardloan-sinsa/matome-sakusei/  
  3. 離婚のはじまりはこちら・・・・ https://syakkin500.com/rikon/sayonara/

 

 


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



5 Responses to “【恫喝】借金ブログの帝王、「たけし」氏からの訴訟を背景にした削除要求!訴えられるのか?【訴訟】”

  1. シン より:

    さすがに当事者だけあって私なんかより詳しい考察やな〜。
    でも一個だけ盲点があってそれがたけしの嘘を証明してるんよね。

    その1つとは…

    13日は法テラス休みやーんw

    日曜やもん。
    てことは法テラスのくだりは嘘やね、この記事の時系列でしか相談できないからな。
    あいつ、本当と脅しばっかやな〜。
    そこまでわかってるなら動画リンク置いてたら良かったのに。
    てか元動画も削除してしまったからたけしの脅し勝ちになったのが悔しいわ。

    • saimu より:

      シンさん
      コメントありがとうございます。
      調べてみたら、ただの脅しにすぎないんですがね。YouTubeの動画、チャンネル主は削除してましたね。たけし自身の動画も二つだけになってました。

      あんな対応ばかりだと信用なくすと思いますわ。
      書籍化の話、本気なら[有名出版社]ってとこの編集者の頭を疑いますね。嘘ばかりのブログを書籍化してどうするのか?ってね。

  2. てっぺ より:

    法テラス休みだったんですね・・・。

    書籍化は、あんな転落だけでオチのない話を書籍にしてなにが面白いんだろうか・・・。
    ぼくは買うと思いますがw

    valuも、投資してもらえてもギャンブルに溶けるのわかってるから投資する人いないとおもうんですがー。

    • saimu より:

      てっぺさん
      コメントありがとうございます。
      本当に、書籍化するメリットあります?転落真っ最中のストーリーですよ。まだ、立派に更正しました!ならいいですが。しかもウソつき。

      valuで投資してくれた人に対して渡せる価値もないのに資金集めできないでしょ。
      ギャンブル資金を渡してあげたいって人がいれば別ですが。

  3. たけし より:

    こんばんは。

    電話相談は14日って書いてますけど?

    ちゃんと読んでます?

    ①いい歳したおっさん達が、集まってなにを話してるんですか?

    ②そんな暇あったらもっと自分の事に注力したらどうですか?

    ③あと一回くらいならいいけど、何度も人の事を記事にするの辞めませんか?

    それでブログ運営ってなんかダサいですよ。

    この事に関してブログ書いてください。

このページの先頭へ

1 / 11