【多重債務】借金を繰り返す人の頭の中はいったい!?

a0002_008024

多重債務に陥る人の共通項・・・

そんな大それたことは書けませんが、私自身の振り返りとして

一度分析してみましょう。

カードローン・キャッシングで借金を繰り返した結果!

私の場合はこうだった。

20代前半、まったく借金などとは無縁の生活を送っていた。

もちろん、ギャンブルなんてしたことはない。

周りで、スロットで10万勝ったと言われても・・・・

「ふ~ん。でも、それ以上に負けることもあるんやろ?」と返していた。

自分の中でも、ギャンブルをしたら絶対にはまってしまうと確信していたからだ。

父親も休みの日になれば、パチンコにいっていた。

私としては別に遊びの範囲ならば別にかまわない・・・と思っていた。

【スポンサード リンク】

その頃はギャンブルよりも友達と一緒に釣りに行くほうが愉しかったので

パチンコ・スロットなどは一切していない。

転機が訪れたとき!ついにギャンブルの魔手に捕らえられる!!

それは、当時付き合っていた彼女と別れたときのこと。

他のことに使う金なんて、もう必要ないと思ってしまった私は、友人に誘われるまま、

パチンコ店のドアをパチンコをするために初めてくぐるのだった。

それまでも入ったことはあったものの、パチンコをやったことはなかった。

友人の隣でみていただけだったからだ。

しかも、タバコも吸わないので煙が充満するエリアに行きたくなかったというのもある。

そのときは・・・・・確かパチンコは負けた。といっても5000円ほどだ。

あまりにも早くに金がなくなっていくのでビビッてしまった。

その後、一人でも行くようになってしまい、会社帰りにも寄るようになった。

ちょうどこの頃、釣り熱が冷めてきたころだったのも影響していると思う。

他に熱中するものがあれば、パチンコには行っていなかったのだから。

結婚しても、パチンコやめられず。

結婚後も、パチンコはやめられなかった。小遣いの範囲内でやるくらいだが。

このころ、ちょうど1円パチンコが出始めていたころだったので1円パチンコメインに

なっていった。

たまに4円も打つ、といったくらいだ。

しかし、当然のように小遣いだけでは足りなくなるときもある。

そんなときに、初めてカードのキャッシングに手を出してしまうのだった。

楽天カードに、「キャッシング」という機能があるのが判明し、早速使い出すと・・・

まるで自分の金のように使ってしまっていた。

当然、そのあとに支払いが来てしまうのだが、その当時は通帳・カードともに自己管理だったために

ばれることもなかった。

ボーナスのときに大体、一括で返済していた。この段階ではカードローン(キャッシング)とも

まだ正常に付き合えていたといえるだろう。

ハイローオーストラリアとの出会い!!地獄への入り口が開いた・・・

このあたりについては、過去記事に書いていますので、こちらを

借金500万までの軌跡!悪夢のハイローオーストラリア

なんで、パチンコブログからハイローオーストラリアを始めてしまったんかな?

というか、最初に10万ほど勝ったのもあかんかったな~。

結局、そのあと0になったんやけど。

しかし1度でもたった1日で10万稼げる可能性を知ってしまうと・・・・

止まらんかったな。いや、1回目にしろ、2回目にしろ、3回目にしろ、やめるベストタイミング

つまりプラス収支のときはあったんや。

そこを立ち止まれずに更にいってしまったのが運の尽きやな。

【スポンサード リンク】

なぜ、3回も繰り返してしまったのか?

自分はうまくやれば勝てる!と勘違いしたのだろう。

そして、ネットで稼ぐにしても全うな道、地道な稼ぎ方というのがあったのにそれを

放棄して相変わらず一発を望んでしまった。

カードローン、キャッシング、ショッピングのクレジットカード。

これらを最大限に利用して博打に掛けた末路がこれ。

借金で賭け事をすると心が病む。余裕がないからね。まあ、私の場合は

余裕資金から初めてそれを溶かし。さらに深みにはまったパターンですけどね。

さすがに救えんわ。

親が残してくれてた財産全部、食いつぶすとはな。

これで、自己破産しても直らんかったらなおのこと、終わってるわ。

この機会に、お金との向き合い方を再度確認して、なんとしても今回が

ラストチャンスとして立ち直らないといけない。

なんとしてでも。


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ