面会交流の悲劇!なぜそんな風に思いつめてしまったのか・・・。

a0780_000447

離婚して1年。

 

いまだに一度も面会交流ができていません。saimuです。

 

表題の件。決して他人事ではないので、取り上げさせてもらいます。

 

面会日に無理心中か=4歳娘と、別居の父親―兵庫

 

Yahoo!ニュースより

 23日午後9時35分ごろ、兵庫県伊丹市北本町のマンション一室で、住人の会社員武田康平さん(40)と娘(4)が倒れているのを県警伊丹署員が発見した。

2人はその場で死亡が確認された。武田さんは同日、別居する元妻と住む娘と面会しており、同署は無理心中したとみて調べている。

同署によると、武田さんは健康器具に巻いたネクタイで首をつっており、娘は近くに倒れていて首にネクタイが巻き付いていた。玄関や窓は施錠されていた。

面会時間が終わっても娘が戻らず、武田さんと連絡が取れないため、午後7時半ごろに元妻が同署へ通報した。

 

離婚後初めての面会交流。

 

そんな大事な一回目に起こった痛ましい事件。

 

被疑者である、父親によって4歳の子供の命が奪われてしまった。

 

【スポンサード リンク】

 

私の子供も、偶然にも同じ年齢。なぜ、こんなことに・・・・・。

 

一緒に暮らせないならと、思いつめてしまったのか?

 

しかし、自分の子供。愛していたはず。だからこそ、面会交流も受けたのでは?

 

それとも、元嫁さんへの復讐か・・・・。いや、もしそうならば、最悪の手段といえる。

 

自分の子供の命を奪うなんて・・・・。

 

この件により、面会交流のハードルが上がると思われる。当然だ。俺でも同じことを考えるだろう。

 

面会交流とは、離婚によりいびつな形になってしまった、子供の健やかな生活を少しでも支援するために行われるべきもの。

 

それなのに、なぜこのような事件が起こってしまうのか。

 

面会交流が実施されていない、という大きな視点から今は面会交流を推奨する流れが来ていたと思うが、

 

やはり面会交流の仕方に問題があったとしか思えない。

 

裁判所や、離婚調停員が面会交流を勧めているというのは離婚してからいろんなブログとかを見て、知っている。

 

しかし、勧めるわりにはその方法などの支援が足りていないのでは?

 

だからこそ、今回のような事件が起きている。

 

単純に考えたら、今回のような2人きりの面会になるだろう。監護親としても、相手をある程度信頼して、子供を預けたはず。

 

それなのに、今回のような最悪の裏切り。

 

こうなってくるとやはり、面会交流自体が危険なものと認識されかねない事態だ。

 

面会交流はやはり仲介が必要、ということか・・・。

 

そういった支援団体はあるけど、やはり費用面でずっとは利用できない。

 

となると面会交流のための施設とかがあるといいような気もする。

 

別に、専用の施設でなくてもどこかの施設の一室を借りるとかでもいい。

 

まずは段階を踏んだ面会交流ができるように。そして、監護親、非監護親ともに冷静に交流ができるように

 

公的な支援が必要だと思う。

 

今回亡くなられた、お子さんのご冥福をお祈りします。

 


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ