【離婚】やはり、あの離婚条件は却下された。

rikon

離婚寸前サラリーマンのsaimuです。

前回の嫁さんとの打ち合わせの結果を、アディーレに報告してから数日。

ようやく返事がきました。

 弁護士の見解について、事務員の人が説明してくれた。

まず、養育費。これについては妥当性をなぜか向こうからきかれた。そのため、東京の裁判所見解に基づく算定表から出した金額だと伝えた。

そして、この金額を本当に払いながら個人再生積み立てもできるのかを聞かれた。

これについては、来月の資料提出の際に、見込み家計簿を提出することで合意された。

そして、子供にかけていた学資保険は嫁さんに移すことも了承。これについては、離婚するのでしかたないといったところ。

【スポンサード リンク】

離婚の慰謝料はどうなった?

そして、慰謝料の250万。これが一番の問題だった。

ボーナスにて3年分割で支払っていく旨を伝えたが、やはりボーナス自体がちゃんと出るかはこの先わからないので拒否してくださいと。

といっても俺の気持ちとしては支払うつもりだったのだが・・・。

そこで、さらに長期の分割にするか、もしくは個人再生の支払いが終わるまで待ってもらうか・・・。

それを嫁さんと話し合って決めることにした。

どうなるかはわからないが・・・。それでも、個人再生を依頼している弁護士の意向は無視できない。

とりあえずは電話で話してみるか。

私のように、離婚問題で悩んでいる人は、まずは専門家へ。

離婚問題、俺もネットで「離婚協議書 ひな形」で検索して作成方法とかを調べて協議しました。

まあ、自分で調べるのも限度があるしもめた場合はやっぱり専門家に頼むのがいいでしょうけど。

離婚問題の相談はこちら。

俺はそんなにもめるつもりもないのでそこまでしなかったけど。

あと、離婚協議書を作るのに「公正証書役場」に行かないといけないんですけど、弁護士なら、提出も代理できます。俺も提出の日は休みとれないので依頼することになりそうです。

まだもう少しのあいだは・・・家族。ですけど

刻一刻と独り身へのカウントダウンが始まっている・・・。


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



2 Responses to “【離婚】やはり、あの離婚条件は却下された。”

  1. 通りすがり より:

    初めまして
    通りすがりの者ですが、ここ数か月、時折ブログを拝見させて頂いていました。
    余計なお世話だとは思いますが、離婚の慰謝料について
    悪意の遺棄で支払わなければならない、と書いておられますが
    これは民法上の義務違反を犯したと認めることなのですが
    確かに勝手に借金を作ったことは責められても仕方ないかもしれませんが、別居は借金が原因だったとしても致し方なかった選択肢であり、あなたが家族を故意に放棄したわけでも、義務を怠ったわけでもないので、悪意の遺棄には当りませんし、離婚理由にもなり得ません。
    あなたは個人再生で弁護士に相談しているようですが、離婚では又話しが違います。
    専門の弁護士なりに相談して正しい知識を身につけた方が宜しいと思います。
    奥様と喧嘩したくない、という気持ちはよく分かりますが、今のまま、奥様の意向を汲んで離婚した場合、100%後悔するか、自殺したくなりますよ。
    奥様は既に割り切って、非情になられているようですが
    奥様にとって、離婚したらあなたは他人。
    お子さんにも会わせないなら、ただのお金をくれるだけのATMなんです。
    あなたにもこれからの人生があります。
    終わった家族の為にあなたのこれからの人生全てを捧げるつもりですか?それで生きて行けると思いますか?
    いくら良い人を気取ったって、相手は感謝なんかしませんよ。
    あなたがどうなろうが法律を盾にとことん取れるだけ取るだけです。
    それより、これからあなたも幸せになって、将来お子さんが頼れるような父親でいてくれた方がお子さん達にとっても良いのではないでしょうか?
    その為には今、嫌でも奥様とぶつかって、自分が生きる為に必要なものは確保しておいた方が良いですよ。

    • saimu より:

      コメントありがとうございます。
      確かに、離婚してしまったら他人なんですよね。いろいろと考えさせられました。
      記事にもさせてもらいましたので、重ねてお礼を言います。

このページの先頭へ