【離婚と借金】借金夫が離婚協議書のために動く・・・。行政書士のとこに行く。

rikon

最近は夜中に更新が多くなってる・・・。

仕事もあるし、しょうがないか。

さて、表題のとおりに行政書士のところに行ってきた。

目的は、離婚協議書の作成・公正証書の依頼をするため。公正証書をつくるだけなら、行政書士でもできる。当然、代理人も頼んだ。

合計で費用は75000円。

公正証書が60000。代理人提出が2人分で15000円。これに、各種費用がのっかっておそらく10万近くになるかな。

弁護士事務所ならば、慰謝料請求とかもサポートしてくれるみたいやけど。

今回の離婚協議のないようならば、ほとんどが合意しているので行政書士でもOK.

まったく合意もできず、調停にいきそうならば弁護士のほうがいいやろな。

いちおう、メールでも行政書士には伝えてたんやけど、合意内容については再確認した。

【スポンサード リンク】

やっぱり慰謝料250万はネック?

慰謝料については一番気になってたので聴いてみた。

慰謝料としては、2回めまでの借金のなかで、嫁側からの出資があった場合にそのぶんを返してほしいなどっていうならばこの額は妥当かと。

うん。ないよね。

全部、おれの実家と俺の金で出してるから。唯一、俺のボーナスを出したのだけは、家計からの出資といえなくもないが・・・。

そして、もうひとつの問題点。「面会交流権」

これについても、基本的にどの案件でも放棄することはないらしいので、やはり請求すべきだと。

それでも、拒否するのであれば慰謝料の減額等も視野に入れて交渉すべきこと。

それに、俺の父親がこの前書いた記事の通りに、手術をすることになりそうなのでせめて孫に合わせてあげたいという気持ちもある。失敗の確率は低いとはいえ、わからんし。

今回の交渉については、こちらの権利はなにもなしに、向こうは権利を100%主張。

そして、こういった面倒な処理はこちらが動くと・・・。

っていうか、そもそも「離婚される側」がこんなに動くケースてめっちゃレアじゃね?

普通は離婚してほしい側が必死にうごくやん。

前回の記事で紹介させてもらった借金夫の妻も、そうやったし。

普通そうやん。

ということで、俺はこれ以上のお世話はしない。行政書士の手配しただけでもええやろ。

【スポンサード リンク】

離婚届に押印する。いつ提出するかはむこう次第。

行政書士にもいわれたけど、普通は協議書ができてから提出する。なんでかというと、離婚届を提出してしもたら、協議するメリットがないもん。

「離婚される側」からすると。そうやって、費用をしはらわない夫も多いらしいし。

というか、離婚してから養育費や慰謝料をまじめに払ってるのは2割くらいらしい。あとの8割は払わない。

そりゃあ、自分の生活もあるからな。

俺は、協議はちゃんとするつもりでおるけど、離婚を先にしてまうと公正証書作るのも提出書類がたくさんになるんで面倒みたい。

そのあたりをちゃんと説明して、8月いっぱいをめどにすべての処理を終わらせる。

こうやって手続きしたら・・・とうとう他人に戻る。子供はいつまでも、俺の子やけど。

謝るべきところは、謝るが、それと協議内容は違う。

まずは、子供のお金を使い込んだこと、家の感を使い込んだことについては謝る。

そして、何度も大きな借金をしてしまったことも。

この件については、俺に非があるからな。

しかし、協議書の内容についてはやはり、俺も自分の生活があるからしっかりと主張したいと思う。

そもそも、個人再生が通らんかったら、慰謝料も養育費もあれへんのやから・・・。

言い合いになるのを覚悟で、やりあうしかないか。


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ