【保育園】住民反対で建設中止?静かに暮らす権利って・・・。

a0780_000447

saimu
1児の父親、saimuです。

ネットニュースを見ていると、こんな記事が・・・

住民反対で保育園断念、静かに暮らす権利阻害

この記事を見て、待機児童対策と「静かに暮らす権利」ってどっちが大事なんかなって思った。

そりゃあ、近くに住む人からしたら交通量が増えたりとかするかもしれんけど。

saimu
交通量増えても朝と夕方の送り迎えの時間のみやろ?日中は騒がしいっていってもそんなに気になるもんなんやろか?

市役所に苦情を言いにいける=日中に家にいる人=高齢者?

そもそも、働ける世代の人たちはそれこそ子供を保育園に預けて日中は家にいないわけで。

もちろん、平日の夕方でしまるような市役所に苦情を言いにいけるような立場ではない。

高齢者は、自分は関係ないから我慢も必要には思わないでしょうしね。自分の孫が通う保育園がなくて困っているときに、同じように苦情で保育園が建設されなかったらそれは不快に思うんでしょうが。

一説には、高齢者になると夜間にしっかりと寝れないから昼寝をしたくなり、そのときに保育園が近くにあるとうるさくて寝れないそうです。

実際に、保育園のそばに住んでいた人のブログがありました。「保育園 騒音」で検索するとすぐに出てきます。

⇒sanmarie*com 「保育園の隣に住むのは発狂レベルの騒音だった」という話

 

saimu

このブログの記事の通りだとすると、確かに保育園側の構造によっては内部の音が聞こえまくりとも思うなあ。そういえば、高校の近くの池で釣りしてたときに、部活の演奏練習がめっちゃ聞こえてたけどあれが毎日、しかも近くで・・・となると厳しいかもしれんな・・・。

 

保育園を増やしたいのは、なんのため?

ブログ村の記事で、脱赤ブログのララさんが記事にしていましたが、「専業主婦じゃ、だめかしら?」

そもそも、保育園がこれほど必要になった裏にはいろんな問題があります。

まずは、「共働き世帯が増えたこと」

これは、主に子育て世代(20~30代)に多く見られますが夫だけの稼ぎでは家計が成り立たないのです。専業主婦をしておこうと思ったら、夫が年収600万くらいないと無理。

20代でそんなに稼げるわけないやん!ってことで結果的に共働きに・・・

saimu
うちもそうやった!もちろん、親も・・・。バブル世代でさえ、共働きやったんやから。今の景気停滞期を生きる子育て世帯は押して知るべし、やで。

次に、女性の社会進出が増えて、結婚や出産後も職場復帰する人が増えたこと。

これも、職場復帰せざるをえない状況の人と、どうしても職場復帰したい人に分かれるとは思いますけど。

特に、職場復帰せざるをえない=経済的な理由の人が多いんちゃうかな?

保育園を増やすことだけで子育て支援、女性活躍社会の実現に繋がるのか?ということも思うし。

家事・育児って大変やで。おたがいに仕事で疲れて帰ってきてから家事と・育児・・・。

いまや男が手伝うのは当然。まあ、男のほうが体力もあるし。それに不服はなかったけど。

政治家や官僚の人たちは裕福な人が当然多いから奥さんは専業主婦の人が多いんちゃうんかな?

だから余計に子育て世代の苦労がわからん。

体験しないと、わからんもんな・・・・・。

saimu
政治家の人、特に女性活躍とかいってる政治家の人はちゃんとそのへん分かっとかんとあかんのちゃうんかな~。

さて、うだうだと書いてきましたけど。

結局、とどのつまりは景気が悪いことに集約されるんちゃうんかな?

景気がよければ、経済的な理由によって「保育園に預けて働かないといけない」女性も減るし。

家で育児するのって、本当に大変やと思うよ?家事も重労働やし。家におってくれたほうが、心に余裕も生まれるから夫婦喧嘩とかも減るんちゃうんかな・・・。やっぱお互いに疲れてたらささいなことでけんかになったりするし。

景気がよければ金のことでごちゃごちゃもめることもないやろ。

将来の不安から変な投資詐欺に引っかかったりする人も減るんちゃうの?

ホンマの子育て支援は、景気回復施策一択!ちゅうことですわ!!

だから、消費税増税なんぞせんと、がんがん公共工事発注して経済を国が回してくれ!!

国、特に日本に関しては現状、国債発行しまくって借金してもぜんぜん問題ないんやから・・・。

saimu
日本国の借金(国債のこと)は個人の借金とは違うんやから、その辺はみんなわかっとかなあかんで~。

 

 


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

1 / 11