借金サラリーマン、ローンとハウスメーカーを検討

 

借金サラリーマン、家を買うシリーズ。

住宅ローンの比較・一括見積もりを利用してみる。

 

利用するのは、このサイト。↓
一括審査申し込みが可能!住宅ローンの審査申し込みなら【住宅本舗】

住宅ローン

さて、実際に入力してみよう・・・と思い、セルフアフィリエイトにてアクセス。

 

とりあえず、仮確定・・・の申し込み。

・借り入れ希望:3000万

・ボーナス返済額:700万

・借り入れ予定期間:35年

・税込み年収:400万

・家計年収:650万(推測)

他はてきとーーー(笑)まだ、確定してないので。

「次へ」ボタンを押すと、

ローン比較

こんな感じで申し込みできる金融機関と詳細がでてきました。

更に次へ進むと・・・・

ローン入力 ローン入力

こんな感じでより詳しい住宅情報を入力する画面に。

ここまでくると、さすがに適当は無理だったのでギブアップ。

住宅展示場でもうチョイ詳しく打ち合わせしてから、申し込みすることにします・・・。

住宅展示場へGO!!

借金サラリーマンとして、住宅展示場で詳しく打ち合わせを実施して、計画を練ることに

します。住宅ローンの借り先もそうですが、住宅のメーカーとか実際に建てるとこも

どうするか考えとかないと・・・・

今話題の、傾きマンションのメーカーは排除やな!!

三井不動産、旭化成、積水ハウスはなしの方向で・・・・

こちらのブログ記事でも、不安な要素をはらんでいるらしいし・・・

旭化成に法則発動!マンション杭工事データ改ざん・「朝鮮半島の事業王」野口遵が創業・積水ハウスも

そして、これに絡んでの訴訟もあったし。

積水ハウスの「ねずみ裁判」

こちらの記事から、少しだけ引用すると・・・・

1、今回の積水支援の徐氏による裁判は慰謝料300万円と報道されているが、 実態は謝罪広告料として1200万円以上を含めた総額が1500万円を超える訴訟であった。
配管の逆勾配が原因であったにも関わらず、ネズミが原因だと言い張り、それが発端となって起こった やりとりの中の発言をその社員らが取り出し、訴状も本訴と関係のないことが20ページ以上も書かれ、 慰謝料は総額1500万円以上という、極めて常識はずれの訴訟がNHK、日経社会部を初めとする マスコミによって歪められ、被告の意見はロクに報道されないまま、裁判はスタート。
2、被告は金額の大きさと、訴訟前の数ヶ月に渡る連日の電話攻勢(被告が病気の時もあった。主に所長の長浜氏による) のような嫌がらせ等、自身の身の危険を感じていた。しかしこの事件のせいで 「顧客のクレームを差別問題に摩り替えて逆に顧客を提訴し、謝罪広告と称して慰謝料を1千万円単位に増額して 顧客のクレームを封殺する」ような事が常態化してしまう事になれば、日本国民、特に拉致被害など不当な被害を受けて 苦しんでいる人々に多大な迷惑をかけてしまう事、又、一人の工学者として工学知識を詐欺紛い商法に 利用する事を許せないと考え、裁判で戦う事を決意。
それからも嫌がらせ等で和解も考えたそうだが、世論や2ちゃんネラー、ネットユーザーの励ましに勇気付けられ、 間違った事はやはり裁判で正すべきだと和解の考えを捨てたという。
まあ、こんな感じで怪しいっすね。
詳しくは、上記リンク先をみてください。少なくとも、こんな企業には住宅を頼みたくありません。
ハウスメーカーを探すのか、工務店を探すのか・・・どっちがいいかも、検討する必要があるでしょうね。
工務店とかだと、住宅展示場に出せないけどその分、安くいいものがつくれたりもするでしょうし。
高い買い物なので、悩みどころですね。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

1 / 11