闇カジノとハイローオーストラリア。やめられない根っこは一緒

rp_f3e390a9.png

闇カジノ・・・・ではなくハイローオーストラリアで借金1000万のsaimuです。

最近、ニュースを騒がせているのは賭博問題ばかり。野球界の賭博にはじまり、今度はバドミントン男子の選手が闇カジノですか・・・。

下手に大金を持っているから、そんなところに手を出してしまうんでしょうね。

私の住んでるとこなんて田舎だから闇カジノなんてないでしょう。

あっても流行らないでしょうから。金持ちの絶対数がすくないですからね。

ああいったものはやはり大都市圏、大阪、東京、名古屋などにあるのでしょう。

闇カジノと呼ばれるものの実態とは?

基本的に、日本では現時点ではカジノというのは違法とされている。

法律で定められていないからだ。もし、闇カジノとして営業していることがわかると風営法違反または賭博罪で逮捕されてしまう。

闇カジノは、ポーカーやバカラ、ルーレットに裏スロなどが追いてある。

闇カジノ、報道では1回10万円ほど持っていっていたらしいが・・・

今のパチンコ・スロットも下手したら同じくらいいかれちゃうけどね!!

今回の闇カジノ問題で田児選手は残念ながら解雇になっちゃうでしょう。

それは仕方ないこと・・・・なのかな?

まあ、闇カジノでの借金ってのがNGな要因なんでしょうね。これが例えば、競馬とかでの借金だったらばれても問題なかったのかな?

借金の額が同じでも。

私なんて、闇カジノではないにしろ、海外FXバイナリーで借金1000万ですからね。

報道の闇カジノの田児選手。他の選手にも借金していてマックス1100万だったらしいですね。

このへんも、やめられなかった要因では?

知り合いにそんだけ借金してまでやっているということは、自分の中では勝てると思って借りてますからね。

ギャンブルなのに!!

私にもその気持ちは分かります・・・。使ってはいけない金にまで手をつけてしまうと、後戻りできないんですよ。

でも、まともに考えてみるとその金に手を出す前にとどまるべきなんですよ。

ギャンブル脳では無理ですけど。

最後の1000円がなくなるまで、逆転の可能性を考えていますからどうしようもない。ハイローオーストラリアなんて、最低でも10万はないと100万単位の負けは逆転できませんから。

どんなギャンブルでもそうですけど、ある程度の種銭があるときには精神的にも余裕があるから負けにくい。

いかにその種銭を確保するか、ですけど・・・・。

カードローン、キャッシングやギャンブルなんかで種銭を作ろうとしたらそれこそ地獄へのルート一直線ですよ。

闇カジノでも、ハイローオーストラリアでも。自分の分というものを知るべき

私はその、自分の分というものを知らずにひたすらカードローンとキャッシング、そして家の金にも手を出して入金しまくっていました。

そんなことしなくても、貯金は充分あったのにね。

結局、貯金をすべて食いつぶす形となってしまった。

この食いつぶした貯金を元に戻そうとしたら、1、2年ではとても無理。10年単位の時間がかかる。

こうやって、地道に貯めていくことこそ大事なんやけど。

それができずに楽に稼ごうとした末路がこれですわ。

楽せず、地道に貯めていく練習をこの個人再生の期間中にしていきたいと思う。

 


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

1 / 11