総量規制の撤廃!?借金地獄再びか?

改正総量規制

 

前回の記事

総量規制撤廃!?

今回はこの総量規制の撤廃について、ちょっと思ったことを書き綴ってみたいと思います

総量規制を見直す、理由

さて、アベノミクスによって日本銀行の「異次元の」といわしめるほどの大規模な「金融緩和」が行われました。

その結果、株価は上昇し少しずつですが給与も上がってきています。

そもそも、金融緩和の目的とは「円」の流通量を増やして価値を薄めてその結果として物価が

上昇する・・・というものです。物価が上昇したら、その分「売り側」にはたくさんお金が入ってくるので

当然給与もあがっていくだろう・・・と。

ところが、金融機関にはたくさんお金が入っていっているのに借りてくれない、という状況になっているのが

現状ですよね。本当なら金をどんどん貸し出して、借りた人がそのお金で何かを買って、そのお金が売り手の

収入に・・・・となるはずなんです。

まあ、借りる側の事情がありますよ。そもそも、「借りる」スタートじゃなくなってますから。

「収入見込み」があって、それを担保に「借りる」ですからね。今は収入見込みがあっても

消費増税やら原発停止による電気代の高騰、円安による燃料費の高騰(輸入なので)により

以前より収入は増えても支出も増えてるから借りるなんて、とんでもない!!という状況です。

そんな状況で企業が借りてくれないので、次は「個人」というわけです。

総量規制により、「借りたくても、借りれない」状況の人に対してそれを撤廃することで貸し出し

していきましょう、ということですね。

しかし、それで本当にいいんでしょうかね??

安心して、借りれる環境作り

そもそも、借りるときに気になるのは、「金利」ですよ。借金カテでも、借り換えの際に気をつけるのは

いかに金利を抑えるか!!

ですから。つまり究極的なことを言うと、金利0%なら返せるし借りれる、という人が大半なわけですよ。

金利上限を撤廃して、貸し出ししやすく、借りやすくしますよ~~~。て言っても、そんなので

借りるのは本当に困っている人、つまり現状「借金で詰み」状態の人でしょ。

そんな人に貸し出ししても更に苦しめるだけでしょ。

そんなんより、「金利」があるから借りるよりも現金主義!!って人に対して貸し出せるように

考えるほうが上じゃないんかな~~。

つまり、期間限定で利息撤廃(これは政府が保証)して0%に。そしたら借りる人もいるのでは?

実際、レイクとかノーローンがこれで成功してるでしょ??

借金返済のときに困るのが、「利息ばっかり払って、原資が減らない」状態やからね。

ホンマに貸したいなら、これくらいやってもらわんと。

まあ、銀行とかの利益もあるからその辺は税金で補填ってことで。

そのせいで税金上がるやろ?っていうならそれは違う。だって、税金はその

金利0%で借りた金で物やサービスを購入してもらえればそのなかから取れるんやから。

そしてそうやってとれた税金をまた、利息補助に回すと。

ちなみに、この場合は当然、借りた額と同額の預金をした場合は預金に利息が付かないように

しないといけない。借りて、銀行に預金して利息がついたら返す・・って人も出てきてしまうからね。

まあ、いろいろ考えても気になる点はたくさんあるけど大体こんな感じなら借りたい人も増えるんちゃうんかな?

何でもそうやけど、環境作りって大事やね!!


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ