目の前に置かれた、親からの資金500万をどうするのか

kokubetu

以前、このブログでも紹介したが、親類が亡くなった。

それは、うちの両親のきょうだいにあたる人で、結婚していなかったので相続人はうちの両親ともう一人の兄弟となった。

その親類は本当に勤勉に働き、遊びもせず。働いて稼いだお金はしっかりと貯金していた。

そのため、住んでいた家や土地だけでなく、千万以上の資産をためていたようだ。

貯金の口座も複数に分けており、いまだにすべてを把握していない状況。

そして、把握しているぶんだけでも相当額がうちの両親にはいってくるらしい。

そこにきて、この俺の借金問題だ。当初、親が借金して半分持つからもう半分を俺ががんばって 支払うようにして、借金全額をきっちりと支払うようにしようとの提案があった。

そのときは「なにも両親も一緒に生活苦にしずむ必要はない」と断ってきた。

しかし、今は借金をしなくても500万という大金が思いもよらぬ相続として出てきた。

そのせいで、両親から最後の提案があったのだ。

このお金をつかって、再生してくれないか?と。

【スポンサード リンク】

しかし・・・・この申し出はことわった。実際問題、実家の両親も、そこまで余裕があるわけではない。老後の資金はそんなにないはずだ。

そもそも、遺産は両親の兄弟からのもの。

両親がつかうのが筋であろう。それに、両親ももういい年になってきているのでいつ病気で倒れるかわからない。そうしたときに、その遺産を使わずにおいていたら、助かるだろう。

それがもし、俺の借金返済に使われていたら。両親は思わなくても、俺やおれのきょうだい、そして親類は「俺のせいで、両親が助からなかった」というふうに思うことだろう。

そんなことになるのは自分がゆるせない。

なので、あくまでも自分でけじめをつけるために「個人再生」という道を貫くことにした。

そして、自分にもしものことがあった時にはあらためて協力をお願いすることになるだろうということも添えて。今はひたすら働いて、早く債務整理を終わらせ、スタートラインに再びたつことを目標に頑張ることだ。


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



2 Responses to “目の前に置かれた、親からの資金500万をどうするのか”

  1. 村人A より:

    自分の場合は、自分で返すと決めましたが、それぞれ事情はある事だと思ってます
    そのお金があるなら個人再生の資金にするべきではないかと
    おやがまだ元気でいるうちに完済して数ヶ月か数年でも早く返済することが大切ではないかと思います
    将来的な介護や保健についても色々と補償もあります
    不本意かもしれませんが、個人再生を優先するべきではないかと!
    親としては、何年もの期間を返済にあてるよりも前に向かってほしいと思うのではないかと
    個人の事情が絡んでくることですが、子供の事、嫁さんの事、親の事、選択肢があるのなら最善の策を考えてほしいと思います

    • saimu より:

      村人Aさん
      この500万を使っても、すべての債務を整理はできないですし、結局300万ほど債務が残ってしまいます。
      それを返すのにも時間がかかりますし、結局は個人再生をこのまま進めていったのと同じくらいの時間になります。
      早く返してリスタートするのも親のためにはなるのもわかります。
      なればこそ、個人再生を進め、認可が下り次第全力で積立していくほうがいいかと思っています。
      本来であれば、全額返すのが常ですけどそれこそ再生を早く済ませるための方法だと思って個人再生をこのまま
      続けていきたいと思います。
      コメントありがとうございました。

このページの先頭へ