【任意整理】サラリーマンの収入で、自転車がこげなくなったら相談しよう。【個人再生】

********************************************
親が肩代わりしてくれた任意整理分の借金返済
28.10支払いスタート:残借金:9,124,318
29.03 50,000 残借金 8,824318
借金完済まで掲載します。(過去1年分)
フクホーローン借金支払い 29.03借金150,000
28.03 7,000 残143,000
*******************************************************

googlekensaku

今晩は。

twitterでもちょっとつぶやいていたんですけど、PV至上主義から脱却しようと思います。

 

PVを稼ぐために派手なことやったりはできんし、俺にはそういった芸がない。

 

仕方ないのでやはり以前のように

 

「検索から来た人に役立つ記事」

 

を書いていこうと思います。最近は愚痴ばかりでとても役立つ記事ではなかったですからね。

 

【スポンサード リンク】

 

借金で首が回らなくなっていませんか?

 

よくある、アディーレ法律相談所の債務整理のCMの一コマです。

 

実際、ぎりぎりのところで必死に借金返済の自転車操業をしている人はたくさんいると思います。

 

年収の1/3までしか借り入れができないという貸金業法の縛りによって消費者金融の借り入れ上限が決まっていますから。

 

そのため上限貼りつきとなったらあとは月々の給与収入などでなんとかしないといけないですよね。

 

俺もそんな時があった。

このブログを借金系のワードで検索してきた人の中にもいると思う。

 

俺の場合は、2度の借金にも両親・家族の支えで耐えることが出来てしまったために債務整理は最後の3度目の借金破たんのときだった。

さすがに原資がなく。というか800万もの多額の借金を返せる目途が立たなかった。

 

そして、個人再生を選んだ。ギャンブル(バイナリーオプション・浪費)の借金だったので、自己破産は難しいと言われたため。

 

そして、個人再生を進めていく間に離婚、そして3たびの両親の援助により任意整理へとコマを進めた・・・・。

 

俺の場合は奇跡的に両親の援助によって助かったが、親類からの援助も期待できず、自分自身で必死に踏ん張っているひともいるでしょう。

 

そんな人に勧めたいのは、一刻も早く任意整理などの法的整理に頼ってほしいということ。

 

少なくとも、友人などに金を借りて返せなくなるような事態だけは避けてほしい。

 

親類ならまだしも、友人ともなるともはや末期。

 

そして、その借りた金でもギャンブルで一発逆転などを狙うとなると。それこそ人生を棒に振る行為だと思う。

 

でも、借金の債務整理ってなんなのか。ブラックリストとは?周囲・会社にばれないのか?など不安に思うことは多いと思う。

 

ちょっとこの記事は長くなると思うけど、任意整理と個人再生についても書いていきたいと思う。

【スポンサード リンク】

個人再生とは、借金を大幅に圧縮して返済する方法。

 

まずは、個人再生について、説明したいと思う。ここから下の記事については、俺がアディーレ法律相談所に依頼した時にもらったハンドブックを元に紹介する。

個人再生とは、一般的に「民事再生」と呼ばれる。これは、マイホームを所有しており住宅ローンを払い続けることによって手放すことなくそのほかの借金を減額してもらう手続きのこと。

 

自己破産と違い、住宅を手放す必要がない、というところがポイントです。

 

では自己破産と個人再生の違いを紹介します。

 

民事再生 自己破産
借金 5分の1程度を支払う必要がある。住宅ローンは減額されない。 借金がなくなる
財産 財産は処分されない。ただし、評価額全額を支払うことが条件。 高価な財産は処分される
資格制限 仕事上の資格制限なし 手続き中に限り、資格制限がある
手続き期間 申し立てから5~6カ月程度 申し立てから3~6カ月程度

 

簡単に書くとこのようになります。

個人再生のメリット

個人再生のメリットは、自己破産のときには処分されてしまう住宅等の高価な財産を残すことができることです。

また、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができます。

 

個人再生のデメリット

借金が減額されるだけで、払っていかなければいけないのが変わらない点です。

そのため、手続きに当たっては継続的な収入という点が最重要視されます。

また、財産を残しておけますがその分が減額の幅に大きな影響を与えます。そのため、財産の量によっては任意整理するのと変わらない額を支払う必要があったりもします。財産というのは預貯金、車、のほかに子供の学資保険や年金型保険なども含まれます。

そして、自己破産に比べて手続きが複雑なので準備する資料が多く、弁護士費用も高額になってきます。

 

個人再生における、最低弁済額の基準

  1. 借金の総額が100万円未満・・・借金の総額
  2. 100万円以上500万円未満・・・100万円
  3. 500万円以上1500万円未満・・借金総額の5分の1
  4. 1500万円以上3000万円未満・・300万円
  5. 3000万円以上5000万円以下・・借金総額の10分の1

 

これらは、残しておく財産により変動します。

 

任意整理とは、将来の利息を交渉によりカットし、元本を返済していく方法

 

任意整理とは、利息制限法で定められた法定金利(15~20%)まで減額された借金を原則として3年間で月々分割での返済をしていく手続きです。

 

任意整理のメリットとデメリットを紹介します。

【スポンサード リンク】

任意整理のメリット

任意整理の最大のメリットは、債権者との交渉によって法廷金利まで借金を減額し、これまでの遅延損害金、今後発生する利息をカットすることが可能です。

また、任意整理の場合は整理する業者を指定できるので(個人再生・自己破産はすべての債権者対象)、こちらの債権は整理して、こちらは整理しない。という風に使うことができます。

そして、自己破産と違い、財産の処分や仕事上の資格制限もないことがメリットとしてあげられます。

 

任意整理のデメリット

何といっても金利がカットされたり現在の法定金利にひきなおしされるだけなので、ここ最近作った借金であればまず、金利の引き下げはない。

 

過去の利息や遅延損害金のカットについても債権者によってまちまちで、俺の場合もほとんどの業者は金利カットで和解できたものの楽天カードだけは金利カットでの和解ができずに結局全額の支払いで決着をした。

 

楽天カードに限らず、たびたび延滞していた消費者金融などについては同様に過去の利息・遅延損害金のカットに応じない業者があったりもするようです。

 

また分割回数についても、業者ごとにばらつきがでることもあります。

 

もちろん、任意整理を選ぶ以上は全額返済なので毎月の給与から基本的に支払える額を決定するわけですが。

 

その額が少なすぎる場合は任意整理の交渉が難航して自己破産へシフトせざるを得なくなるケースもあります。

期間社員で、任期満了に伴い無職となる可能性を秘めているなど・・・・。

 

デメリットとしてはさらに、金融機関がローンの審査などのときに利用する「信用情報機関」に金融事故履歴が登録され、返済中はもちろん、完済後も数年はローンを組むことが非常に難しくなります。

ただ、小額の借り入れであれば俺も小規模貸金業者から借り入れ出来ています。

 

【フクホー】任意整理完済後、最初に審査通過したのはフクホー!柔軟審査は本当だった!?

 

ただし、こういった借り入れはその後のローン審査にも響くと思うのでお勧めはしません・・・。

 

債務整理を考えるべき人の特徴(経験上)

 

1.毎月の借金返済は、残業などのプラスアルファがないと厳しい

2.返済しては、借り入れを続けている。

3.クレジットカードは限度額まで借り入れしている。その上全額リボ払いに切り替え済み

 

1、2については自転車操業真っ最中のイメージですね。

なにか特別な支出があったときに一気に破たんします。ギャンブルで増やして対応・・・などと考えが及ぶような人は特に注意が必要です。

独り身なのであれば、これ以上の借金を止めるために債務整理を考える段階です。

 

3、についてはリボ払いの恐ろしさを知ることになります。金利は、貸金業者の上限金利(18%)。そして返しても元本はほとんど減っていないという地獄の所業です。毎月の支払額は抑えられているかもしれないですけど、最終支払い日をシミュレータなどで確認したら10年後とかがざらになっていると思われます。

【スポンサード リンク】

家族に内緒の借金返済をしている方へ。

日本ブログ村の借金カテゴリーや検索で出てくる借金ブログには「家族に内緒の借金返済」などという方が多いです。

 

本人は隠せているつもりですが、家族が見逃してくれているという可能性もあります。

 

嫁・旦那からしたら借金があるのかなんて聞けないし、怪しくても聞き出すことによってその現実と向き合わないといけない。

もしも違うかったらいらぬ疑いをかけたことになり、喧嘩になっても嫌だ・・・と。

 

借金を隠して言いる側は、「気付かれているかな?」と探りを入れるでしょうけど、相手もあまり詮索してくないのでうまくごまかすでしょう。

 

そして、どうしようもなくなってから発覚。これが最悪のパターンです。

 

一緒に頑張ろうと言ってくれるならば、俺のように裏切らないように、一緒に頑張っていってください。

まだ救いがあります。

 

気付かれないうちに完済できるのが一番ですけど、利息も含めて払っていると限界を感じるかもしれません。

 

債務整理は、家族に内緒でも手続き可能です。これは任意整理の場合だと思いますけど。

 

個人再生は妻や夫がいれば「世帯収入」が重視されるのでそちらの収入についても証拠書類を提出しないといけません。

 

この時点で白状しないといけない可能性があります。

 

任意整理の場合はそこまでの書類は必要ないので、借り入れ先と現在の残高などが把握できれば問題ありません。

 

匿名での相談もこちらから可能です。

無料・匿名での借金減額・債務整理の相談が可能。

このリンク先で簡単な質問に答えるだけで自分の住所から近い法律事務所を紹介してくれます。

債務整理以外にも、いくつか自力で毎月の支払いの減額交渉をする方法があります。

借金の減額をするための3つの方法!

 

十分な収入があれば、これらの方法を取らずとも、おまとめローンなどでの回避ができることもあるでしょう。

 

おまとめローンでなんとかしようと思う方はこちらの記事を参考にどうぞ。

 

借金をまとめるか、それとも借り入れ自体から縁をきるのか。

 

5社以上の多重債務者でもおまとめできる業者2社。

 

 

最後に。借金返済を頑張っている方たちへ。

 

俺も何度も借金を繰り返し、任意整理をした後でさえも借り入れできる業者を探して借金しているようなクズです。

離婚も経験しました。

 

そんな経験上からの言葉ですが、家族に内緒の借金をしている方は、自分がもう限界だと思うちょっと前くらいの段階で相談をしてください。

両親でもいいです。

 

誰かに相談することで道が開けるかもしれません。

 

どうしても返済が無理ならば、正直に消費者金融へ電話して利息のみでの1カ月返済ジャンプができないかを相談しましょう。

一時的な解決にしかなりませんけど、その1カ月の間に仕事を必死で頑張って残業でもして次に返済しましょう。

 

嫁・旦那にどうしても言えない人。

 

必死に頑張ってください。毎月の返済がぎりぎりでも出来ているなら、それをキープしていくしかありません。内緒の借金だけにでっかく返済はできないでしょうから。耐えるのみです。

自分の自由資金の中で何ともならず、家計のほうにまで手を伸ばし出したら、家族ばれの前兆です。

 

近いうちに破たんしてばれます。

 

そうなる前に、何とかしてくださいね。

 

  1. 俺の借金経歴はこちら。https://syakkin500.com/500-syakkin800-kojinsaisei-ninniseiri-rikon/  
  2. カードローン・キャッシング経歴はこちら。 https://syakkin500.com/cardloan-sinsa/matome-sakusei/  
  3. 離婚のはじまりはこちら・・・・ https://syakkin500.com/rikon/sayonara/


にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

【スポンサード リンク】
記事内でわからないことがあれば、saimuの質問コーナーへコメントください! [借金減額シミュレータ紹介]
私のように多重債務に陥り、どうしようもなくなる前にこちらの無料相談シミュレータで無料相談を! 5つの質問に答えるだけでお近くの弁護士事務所へ無料相談できます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

1 / 11